王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

「自分」とはなんぞや

自分自身をなくしさえせねば
どんな生活を送るもよい。
すべてを失ってもいい、
自分のあるところのものでいつもあれば。
    *
「人間の持つものの中で、自分自身に基礎をおかぬ力ほど不安定で、はかないものはない。」

【ゲーテ格言集より】



自分のことは自分がよくわかっている。というけれど、結構わかってないことも多いような気がします。

自分らしさって何?
本当の自分って?

こういう問いは、何も思春期の若者だけのものではないんじゃなかろうか。
少なくとも私は時折考えています。抑鬱状態に陥っている時も、平常時も。

人に「心の扉オープン状態」で接することはまずないです。
けれど、偽って接しているかといえばそうでもない。
見せられる範囲の階層の扉は開いてますよ、的な。
「これ以上は現在立ち入り禁止となっております」階層がちょっと多いだけ。
全てオープンにすることが良いことのような風潮もあるけれど、実際そこまでする必要もないんじゃないかと考える近年。
他人のそんなとこ見たくない、ってのもあるしねぇ。

本当の自分を誰も分かってくれない。
と思ったとき、どの程度までわかってほしいと思っているのだろう。
本当に全てなのか。ある程度まででいいのか。
わかってほしいのだけれど、実際に踏み込まれてこられると警戒したり。

自分が思う自分。他人から見た自分。
ずれを感じることもあるけれど、他人から見た自分もまた自分なんだろうなぁ、と思うようにもなりました。
演じている自分もまた自分。
自分というものは、ひとつではないのか。ひとつなんだけれど、たくさんに分裂しているのか。


裏表のない人物には、本当に裏(隠している部分)がないのか気になる。
本人が意識していないってこともあるか…。

考えながら書いていると、もっと長文になりそうなので終わります(笑)

人生は苦行だ。

なんて、ついこの間まで言ってたもんですけども。
やっぱり、『楽』がいいなぁ。

気楽に、楽しく。
何物にも縛られず、自分自身を縛ることなく、他者にもおおらか。
かろやかに。ゆるやかに。


やりたいことはないけれど、なりたい自分はあるのかな。

なすべきこと、やりたいこと

『当為(ゾルレン)と意欲があるが、能力がない。
 当為と能力があるが、意欲がない。
 意欲と能力があるが、当為がない。
 即ち、
 なすべきことを欲しはするが、それをなし得ない。
 なすべきことをなし得るが、それを欲しない。
 欲し且つなし得るが、何をなすべきかを知らない。』

ゲーテ格言集より。

*当為=そうすべきである、また、そうあるべきであると要求されていること(もの)。義務。

人は使命を持って生まれてくるというけれど、その使命が何なのかを知らない。
本当は、使命なんてないのかもしれない。それも知れない。

何をなすべきか、私は知らない。
何をなせるか、私にはわからない。
何がしたいのか、それすらもわからない。

散じるならば散じるままに

*13日(月)にmixiに書いたもの。

どうにも今日は気が散じます。
ならばいっそ散文でも書いてやれ、と久しぶりの日記更新です。

書くと言えば。
近年はどうも書くこと、自分の思い・考えを文章にすることを怠っているように思います。
以前は個人的な日記を書き、ブログを書き、mixiで日記を書き、その他にも随筆・詩・小説なんぞも書いておりました。
色んな方法で自分を表現しようとしていたわけですな。

表現と言えば。
絵を描くことでも表現しておりました。
下手でも、自分の描きたいものを描いているのが楽しかった。
それがいつの間にか、上手く描けないことばかりに心がゆき、楽しむこともできず、描きたいものも見失ってしまいました。

 おそらく以前の自分は、下手でも未熟でも自分の作品が好きだったのだろう。
 それは作品を生み出す過程を楽しんでいたからだ。

楽しみと言えば。
心から楽しいと思えるようなことがなくなっています。
楽しみがないわけではない。瞬間としてはあるけれど、持続しないのですねぇ。
おそらくは、楽しむためにそれをしているのではなく、虚しさを紛らわすためにそれをしているからでしょう。

 気が散じるならば散じるままに、あちこちに思いを飛ばしてみればいい。
 想いはいつでも自由なのだから。
 自分を縛っているのは、自分。だから、解放できるのも自分だけ。

先日、自縄自縛という言葉を知りました。
自己暗示は味方にすると心強いけれど、敵に回すと厄介なものですね。

 了

色でわかる?

色の心理テストをやってみました。
先月のことだけれど。
記事にしようと思いながら2月になっちゃったよ・・・ふふ。
結構あってる。
基本的な性格は、YG検査やエゴグラムでもだいたい似たような結果ですわ。
自分がわからなくなったり、負の感情に囚われているときにこういう心理検査をやって、自己分析の参考にしております。

色の心理テスト


色の心理テスト 結果(選んだ色は伏せてます。ネタバレ(?)になるので)

 1番目
 騒がしくてすぐ興奮するような人ではなく、生まれつき物静かでやさしく、おだやかな人です。一般に他人からは受身な印象を持たれ、自分の精神面について考えたり、自分の存在する意味を追求することに多くの時間をかけます。
 (選んだ色)の人の本質は精神面にあり、真実や正直さを大切にします。信頼でき、頼りになる、誠実な人でしょう。穏やかで平和なエネルギーを放つので、みんなはあなたの存在を心地よく感じます。しかし、自分自身のことに夢中になりすぎることがあるため、ときどき孤独に陥り、自分を制限してしまうことがあります。そして、自分に自身がなくなり、まわりの出来事に上手に対処できなくなってしまうことがあるようです。まあだれにでもそんな時はあります。あなたの穏やかな気性は貴重です。

 2番目
 あなたの課題は、傷ついた感情を受け入れることです。そうした感情は、強い不安感をおこし、ついには幻滅させ、人に対して批判的になったり、ねたんだり、うらやんだりします。この内部の感情を静めるために原因を考えるようになります。表面的には自分の行動が価値あるもののように思えますが、それは満たされない欲求に起因しているのです。人と感情を分かちあうことがときどき難しいと感じたり、自分の心の奥にある感情をおさえつけてしまうことがあります。
 もっとも大切な課題は、しり込みしたくなったときにも、自分の感情を表現する勇気を持つことです。

 3番目
 あなたは破壊的でなく、建設的に行動する必要があります。なぜならば、その時の衝動で行動する傾向があり、実際に考える時間がほとんどなく、後から考えてしまうことが多いからです。あなたのエネルギーがもっと懸命に、効果的に使われるようによくものを見て、考えることが必要です。
 (選んだ色)を3番目に選んだあなたは、今すこし引っ込みじあんになっているのかもしれません。したがっていますべきことは、一歩踏み出して、もっと勇気をもって人生を楽しむことです。冒険することをいとわず、自分のふだんのやり方を乗り越えることです。

 補色関係
 1番目と3番目が補色関係にあります。
 長期にわたる発展が、あなたの「本当の自分」と合致しています。人生における成功が示されていますが、それを手にするには、二番目に選んだ色が示す障害に打ち勝つこと、つまり「傷ついた感情を受け入れること」が必要になってきます。

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電