王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何をするためにきたのか

「 しかし、考えてみたら、人間の社会なんて、元来そんな落ち着かない環境なのだ。
 だんだん、申し合わせみたいに、みんなで鈍感になって、頑張って単細胞の不感症になって、いろいろなことが気にならなくなるのだ。
 近くに大勢の人間がいると、川を流れる石ころみたいに丸くなる。それが社会というパッケージの本質で、つまりは、その鈍感になれる能力のため、人間だけがこんなに生き残っているのだろう。
 なんといっても、鈍感さほど強力な武器はない。
 鈍重さほど攻撃的な能力はない。
 人間というカートリッジには、それが入っているのだ。」




「 何のために、こんなところに足を踏み入れたのか。
 そもそも、そんなことを疑う余裕や権利さえ、自分たちにはないのだろうか。
 他の人間たちは疑っているのだろうか。
 自分が何者で、どこから来て、どこへ行くのか。
 そんなことを考えては、いけないのだろうか。
 たぶん、考えるだけなら考えるだろう。
 ただ、それだけだ。
 考えたところで、何かが変わるわけでもない。
 自分がいることで、何かを変えたい?
 そう思うのが、人間の生なのか。
 だから?
 意味のないものに、意味を見つけ。
 親しくもない者と、親しい振りをして。
 力を合わせるという幻想を見る。
 愛し合っているという幻想を作る。
 少なくとも、汚いものより、綺麗な方が良いとか。
 正しくないものより、正しいものが好きとか。
 でも、好きでもないものを、好きと言ったり。
 嫌いでもないのに、嫌いと言ってみたり。
 みんな、そんなふうにして、騙し騙し生きている。
 演じられるテーマを・・・・・・。
 演じられるキャラクタを・・・・・・。」




【まどろみ消去/森博嗣(講談社文庫)】より、『何をするためにきたのか』



読書メモ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/957-f72bb88d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。