王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を据えて歩く

『 人間というものをいちばん根底のところから考えてみますと、私たちは、この憂鬱な日々の中で自分を励まし慰めつつ生きていかなければならない。倉田百三の『出家とその弟子』の中の主人公が言っているように、さびしいときにはちゃんとさびしがるがいいんだよ、悲しいときにはきちんと悲しがるがいいんだよ、そして暗い気持ちになったときは、お手軽にそれを楽しいことでごまかしてしまわずに、その暗い気持ちの根元のほうへしっかりと目を据えて歩いていくことだ。そういうことによってしか私たちはこの世の中に生きていくことはできないんじゃないか、というふうに考えたりします。』


【生きるヒント5-新しい自分を創るための12章― 五木寛之(角川文庫)】




出家とその弟子、読んでみたいな。
沈んだ時は暗い気持ちに支配されるけど、案外それを直視はしていないような気がする。
暗く、黒く、どろどろしたものの奥には何があるだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/949-d8b829b9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。