王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月読んだ本39

昨日書くのを忘れてました;6月に読んだ本。

1.『夜消える』藤沢周平 著
・江戸の市井に生きる人々を描いた短編集。切ない話や、くすりと笑える話など。さっくり読めて、じんわりする1冊。

2.『星宿海への道』宮本輝 著
・「星宿海」というキーワード。幻想的な部分もあるけど、リアルな描写で書かれていると思う。ラストは「もしかしたらあの舟に・・・」という余韻のようなものを感じた。

3.『居眠り磐音江戸双紙 陽炎の辻』佐伯泰英 著
・時代小説。猫が居眠りするかのようにのんびりと、春風のように穏やかな主人公。勝負の場面は鋭い。

4.『まんまこと』畠中恵 著
・江戸の神田、町名主の跡取り・麻之助。お気楽な麻之助が事件を起こしたり、解決したり。少し切ない読後感。

5.『山本一力の江戸の品格』松枝史明 著
・江戸前作法の心を学ぶ1冊。さっくり読めて、ためになる。


6月は、ほぼ時代物。時代劇もちょこちょこ見たり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/852-b7fbb09e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。