王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

ホラー?

注:ホラーっぽい感じです。死にネタも出てきますので、苦手な方はスルー。


 僕は『何か恐ろしい存在』に追い詰められていた。ヤツは今、階下にいる。僕はママと『もう1人』と一緒に2階にいる。
 1階にはパパと妹がいるはずだけれど、何も物音がしない・・・。2人を助けに行くことは不可能だ。そう、不可能なんだ。僕は自分自身に言い聞かせる。
 ママはさっきから落ち着かない様子で、うろうろと部屋の中を歩いている。恐怖の連続で、神経がまいっているのだろう。僕だって気を抜けば狂ってしまいそうだ。
 『ママ?そこにいるんでしょ、ママ?』
 階段の下から妹の声がした。一瞬僕らは動きを止め、息をのむ。
 『ママ?顔を見せて?』
 催眠術でもかけられたように、ママは階段へ向う。それを止めることもできず、僕もママの後からついていった。
 階段の下に、妹の姿が見えた。ピンクのパジャマを着ている。
 『ママ?ねぇ、降りてきて。お兄ちゃんと一緒に』
 妹の姿に奇妙な所はない(例えば、血がついているとか、首がありえない方向に曲がっているとか)。ただ、彼女の小さな顎は少しも動いていなかったし(声は僕らのところまで届いているのに!)、彼女の可愛い瞳は僕らを見ていないようだった。
 ママがふらりと動いた。階段の方、ではなくて部屋の方へ。そしてママは何かぶつぶついいながら、ロープをもってきて(どこにあったんだろう?先端が輪っかになっている)椅子をひきずってきた。そしてママは・・・。

 そして母親は首をつった。母親の死を目の当たりにした少年は、その死に様にショックを受け、そして自分をおいて死んでしまったことに絶望した。
 だが少年はまだ冷静さをたもっていた。『ヤツと闘わなければいけない。ヤツと闘えるのは自分だけなんだ。』押し上げてくる涙と胃液を必死に呑み込み、少年は拳を握った。そして静かに部屋にいた『もう1人』と向き合った。


とぅーびーこんてぃにゅーw
今朝方見た夢を加筆修正したものです。なんて夢を見ているんだw
夢で見たのはママがロープを持って椅子の上に立つところまでですがね。そこで目が覚めた。後は寝ぼけた頭で考えた夢の続き。
悪夢という感じではなくて、ホラー小説を読んで頭の中でイメージを浮かべているような夢でした。若干キングっぽいな。登場人物(ママと妹)、外人だったし。少年(自分の目線はこの少年)も金髪碧眼の少年イメージだったな。
『もう1人』ってのは、少年の守護者的な存在らしい。
スポンサーサイト

コメント

一方その頃

BOSS「哀れな、すぐ楽にしてやろう」

なるほど夢の内容でしたか
私もよくホラーの夢見てましたよ、特にゾンビ物が多かったです
その中でも印象的なのが、何故かハードルを跳び越えながら逃げるという夢で
なんの障害物競走だよ!っとツッコミ満載な夢でしたw
私の場合ホラーなんだかギャグなんだかよくわからないのが多いですw

死なないもんね!

「全滅したらガーディアンがついてやり直しだもの!」
まさかのif…展開w

ハードルを跳び越えながらゾンビから逃げろ!
なんてフラッシュゲームがあったら流行るかもしれませんよ?w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/843-9a27cc26

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電