王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

500色・・・

FC2ブログの管理画面上の広告欄に、『500色の色えんぴつ』とあって、ちょっと気になりました。クリックしないけど。
色鉛筆は好きなのですが(使うのが楽、後片付けが楽なので)、あまり使わない(ぇ
普段はほとんどPCで描いてますからね。
500色もあれば、かなり微妙な色合いなんかもあるのでしょうね。1つの色だけで何種類もとか。絶対に使わない色とかもあるんだろうなぁw
色鉛筆とかクレヨンとかクーピー(懐かしい)とか、減りが早いのは黒のような気が。次が好きな色?白はあまり使わないかもしれない。金・銀も使わないのですよね。メタリックな感じがないのでw
PCだと、金属質な感じを出すのもわりとできますが(難しくはあるのですけど)、色鉛筆では難しいかも。上手い人は描けちゃうのでしょうけどね。
色の名前も色々(シャレじゃなく)で、和名は花の名前だとか植物が多いのか?( ̄-  ̄ ) ンー・・・海外・国内共通して自然の名前が多いのか。
外国名と和名、どちらが色のイメージが浮かびやすいのでしょうね。個人差があるかな。
スポンサーサイト

コメント

使わない色鉛筆の話はとても好きです。
色見本帳とか眺めるのも好きです。
色って不思議ですよね。
もし世の中から青が消えたら…。
これは簡単にシミュレートできるけど。
もし世の中に新しい色が出現したら。

前田しんた さん

この世界の8割くらいは、まだ解明されていないんでしたっけ。
ともかくも、人間の知らないことがいっぱいあるわけです。
新しい色は、これから続々と出てくると思いますよ~。
今ある色でも知らない色がいっぱいなので、自分にとっては『新しい色』に。

ちょと前に、はなまるでも数百食の色鉛筆紹介されてましたね~
私の場合それだけの色数の色鉛筆などゲットしちゃったら逆に勿体なくて使えませんw
整然と並べられた新品の色鉛筆みてうっとりしてるかもw
外国名と和名はその色によりきりですね~
ちなみにコメの新しい色ですが、人間に認識できる色の基本色は決まってるので
新しい色もそのかけ合わせの色しか無いと思いますよ、なので本当の意味での新しい色があっても人にはその色を認識できないと思いますよっと揚げ足とってみました、すいません;

う~んと。
意味としては(伝わっていたのかもしれないけど)
存在しない色(可視光線の基本3原色以外の色)なんかがあれば…って。
想像すらできないですけどね。
でも元々青が無かったとして、青がある世界を想像できないでしょう?
という話でした。

ちなみにあの広告開いてみました。
500色の色鉛筆、それぞれ名前が「付けられていて」
例えば…う~んと「金閣寺」しか思い出せない(爆)
絵的にも500色の色鉛筆並んでましたけど、実物かどうかは疑問。
とりあえず写真はツクリモノだと思いました。

>Kiyoさん
コレクションですかw
分かる気はします。
なるほど、認識範囲がありますか。
では人間が変化すれば新しい色が←

>しんたぁ さん
ふむふむ。
生まれつき盲目の人は、色のある世界は想像もつかないのでしょうかね。
そういう感じ?

金閣寺・・・。
500も色が必要かと問われると、使う分には必要ないですね。
買う人がいるのでしょうけども。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/582-2ac246be

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電