王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月読んだ本22

2008年大晦日。いかがお過ごしでしょうか。
夜は早々に風呂に入って、紅白見ながら飲んだくれようと画策中ですw
飲む前に飲んどこうかな・・・w

神棚、仏壇、墓の掃除もした。
門松、注連縄、鏡餅も飾った。
昼からオードブルなんかを買ってくれば準備万端か?
アルコールはすでに買ってありますw家は全員飲めるものですから。まぁ、祖母は甘酒、姉はビールですけど。

それではどうぞ、良いお年をお迎え下さい。


1.『間奏曲』赤川次郎 著
・SS集。短い中にも意外な結末があったりと、読み応えあり。『不良品、交換します!』はちょっと怖い。『一万人目のプレゼント』はちょっとホロリ。

2.『毒』赤川次郎 著
・わずかな量で死に到らしめ、検出不可能、効果は24時間後の現れる、毒。毒に関わる人々の心理と悲劇。読後はそう暗くないのが好い。

3.4.『あかんべえ(上・下)』宮部みゆき 著
・死にかけて幽霊が見えるようになった、『ふね屋』のおりん。ふね屋にいる『お化けさん』達の過去を知るため、家族のためにおりんは奮闘する。ちょっと怖いけれど、優しくて哀しい物語。

5.『青春共和国』赤川次郎 著
・謎とスリルと冒険。軽快な文章と意外な展開が好い。

6.『日暮らし(上)』宮部みゆき 著
・同心の平四郎と、その甥である弓之助。2人が関わる事件と、知人達の謎と心を描く。

7.8.『日暮らし(中・下)』宮部みゆき 著
・馬面で冴えないが人情味のある同心・平四郎。美形で頭の切れる甥・弓之助。過去の嘘や隠し事の中にある真実に迫ってゆく。
弓之助がちょっと幼すぎるようにも思うのだけれど。現代の13歳と比べるからか?

9.『うそうそ』畠中恵 著
・病弱な若だんなが旅に出る、しゃばけシリーズ第5弾。人と妖の心を描く、ちょっと怖くて哀しいけれど、心温まる1冊。

10.『「クトゥルフ神話」がよくわかる本』佐藤俊之 監修・株式会社レッカ社 編著
・「PHPよくわかる」シリーズ、クトゥルフ。ラヴクラフト作品が読みたくなった。

11.『恋の花咲く三姉妹』赤川次郎 著
・三姉妹シリーズ第18弾。軽い感じで読めるけど、内容は結構ダーク。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/467-4390e310

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。