王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月読んだ本17

ここ2週間くらいで、夏バテで3キロ痩せました。
そういえば腹回りがスッキリしたような?
体力は確実に落ちてるな・・・。


1.『大人のための心理童話 上』 アラン・B・チネン 著 羽田詩津子 訳
・中年童話(中年が主人公の物語)を解釈し、30歳を過ぎる頃から直面する心の危機にアドバイスする本。著者はユング派精神分析医。

2.『大人のための心理童話 下』 アラン・B・チネン 著 羽田詩津子 訳
・逆転、混乱にみまわれる中年期。その中に用意されている、洞察、再生、癒し。世界の童話に隠された、生きるヒント。

3.『花の詩画集 鈴の鳴る道』 星野富弘 著
・詩と絵と随筆集。優しい雰囲気の作品。思わず涙ぐむ。クリスチャン。

4.『にんげんだもの』 相田みつを 著
・詩と書と文章。飾らない言葉が好い。こういう書は、自分にゃ書けねぇな。仏教徒。

5.『FBI心理分析間2』 ロバート・K・レスラー&トム・シャットマン 著 田中一江 訳
・プロファイラーとして活躍した著者が実際に関わった事件、興味を持った事件について書かれている。ノンフィクションだけど、フィクションのようだ・・・。

6.『一生感動 一生青春』 相田みつを 著
・随筆と詩がちょこっと。好いことが書いてあります。善い悪いじゃなくて、自分にとっては好ましい文章。

7.『大往生』 永六輔 著
・気楽に「死」を語ることをススメる本。死ぬことは生きること。最後に笑っていられたら、自分はそれでいいなぁ。

8.『商(あきんど)人』 永六輔 著
・商人の語録、商人との対談、商人を語る1冊。儲けることがあきんど、儲けるだけじゃないのがあきんど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/370-f7f91213

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。