FC2ブログ

王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

今月読んだ本8

読書の秋だし、読む本も色々あるし、読書量が増えるかな~?っと思ってたんですがね。
いつもとあんまし変わらないですw


1.『言葉のごちそう』市堀艶子 著
・言葉の大切さ、ヒトへの思いやりの大切さを説いた本。
うん、いい本だ。

2.『憑神(つきがみ)』浅田次郎 著
・混乱を呈す幕末の江戸。貧乏御家人の別所彦四郎に、次々と不運が見舞う。彦四郎の行く末やいかに!?
「おのれよりまず他者を気遣わねば、人の道は畜生道に堕つる」この一文が響きました。

3.『アレキサンダー』オリバー・ストーン他 脚本
・“英雄”アレキサンダーの、波乱に満ちた一生を描いた本。
戦うべきは、己と孤独。

4.『藪椿(やぶつばき)』鈴木良房 著
・宮崎は日南の俳人のようで。遺歌句集。
「太鼓鳴る神住む森に春湧かせ」って俳句が好きかな。

5.『花むしろ』河野蕗子 著
・句集。宮崎の俳人なんすね。
「長き夜や卓に聖書のほかなかり」が好みかな。

6.『峠の茶屋のばあちゃん』島津喜代子 著
・夏目漱石の『草枕』に出てくる、峠の茶屋。そこを守るおばあさんの心に残る話、を纏めた本。
あったかい感じです。

7.『「天使」と「悪魔」がよくわかる本』吉永進一 監修・造事務所 編著
・西方世界の天使と悪魔、東方世界の天使と悪魔、+聖人と魔道師のエピソードを収録した本。

8.『生存未遂1987-2007』伊吹留香 著
・歌詞集。ロックっぽい歌詞だなと。
7歳の頃から作詞・作曲ってのは凄いよな。

9.『涼宮ハルヒの分裂』谷川流 著
・シリーズ第九弾。新キャラ登場。
後半の話の構成は面白いな。若干、混乱するけど。そこが狙い?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/211-634d1fa2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
王星(おうせい)です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力お願いします。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電