FC2ブログ

王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

希死念慮

(今年最初の記事がこれかーい。ってセルフツッコミ。新しい年になったからといって、新しい自分になれるわけではない。)



今月はたびたび強い希死念慮に襲われています。
死にたいと思うのがツライのではなく、それを押さえ込むのがツライ。
拳銃持ってたら衝動的に頭ぶち抜いてるよな、って毎回思う。
死ぬことばかり考えて、生きることを考えられない。自殺衝動を抑えるのにエネルギーを費やして、生きるための活動にエネルギーをまわせない。
なんてぇこったい。
それでもやるべきことは遠慮なくやってくるから、なんとか最低限はこなしてます。えらいねー(棒読み)。


せっかくだから(?)希死念慮について調べてみました。
希死念慮とは【こころの相談なら Reme(リミー)】
この記事を読む限りだと、自分は自殺企図にまで発展している。
けど自分の場合は、具体的に死ぬ方法を調べたり考えたりすることを、衝動を抑え込むための抑止力としています。
(どのくらい苦しむか、死後の肉体はどのような状態になるか(失禁や脱糞はあるか等)、葬儀の費用はどのくらいか、死ぬ前に銀行当の解約をせねばならない等の雑事・身辺整理、周りに与える影響。)
スピリチュアルなところまで調べると、ほんと自死って救われないって思える。

こんな考察ができるうちはまだ大丈夫だと思っています。キツイけど。
なんもかんも全部どうでもいい、って状態になったときがちょっと危ない。


いつ死ぬのかなんてわからない。ひょっとしたら今日死ぬかも知れない。
そうは思っても死を望み、死に憧れる。
死にたいのではなくて、楽な状態になりたいだけだとも思う。
生きていて楽な状態になれそうもないので絶望している。楽になれる状態を模索することに疲れてまた死を思う。
そんな繰り返し。
死を思うことで生きている。もしかしたら誰よりも「生きたい」のかもしれない。「生きる」ということへの理想(基準)が高いのかも知れない。
思うように生きられない。そんな自分に絶望し、そんな自分を憐れんで、そんな自分を苦しみから解放してやりたいのかも知れない。


死はとても身近で、とても遠い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/1147-5ee9e9f5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
王星(おうせい)です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力お願いします。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電