王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

武士道

読書メモφ(・_・ )

『 実際に、日本人には自分の性格の弱点を厳しく突かれたときでさえも、つねに笑顔を絶やさないという傾向がある。
 (中略)
 というのは日本人の笑いには、なんらかの状況の激変によって心の安らかさがかき乱されたとき、もっともひんぱんに心の平衡をとり戻す努力をうまく隠す役目を果しているからである。まことに笑いは悲しみや怒りのバランスでさえある。』

『 克己の訓練は時として度を過ごしやすい。それは思いやりの心を完全に抑えることもできる。素直な性質をゆがめたり、途方もないものに変えることもできる。偏屈を生んだり、偽善をはぐくんだり、ときには情愛を鈍感にさせたりもできる。
 その徳目がどんなに気高いものであったとしても、そのマイナス面や、そのにせものが存在する。私たちはそれぞれの徳目の中にそれ自体のすぐれた点を認め、その理想とするところを積極的におしすすめねばならない。
 そして克己の理想とは、日本人の表現方法によれば、心の安らかさを保つことである。』

『 あらゆる困苦、逆境にも忍耐と高潔な心をもって立ちむかう。これが武士道の教えであった。』

新渡戸稲造 著/奈良本辰也 訳・解説/武士道/三笠書房


*克己(こっき):自分の欲望を抑え、邪念にうち勝つこと。

難解な部分もありますが、個人的に納得するというか、自分に合ったものを感じました。
武士道、克己、いいね。どこまでストイックになれるかを試してみるのも面白いかもしれない。自分の最大の欲望は・・・酒か!?強敵だぜw

この本って、原文は英語で書かれているんですよね。日本人が書いた英文の本を翻訳で読む、ってなんか面白い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ouseihibiiroiro.blog51.fc2.com/tb.php/1061-5e6b996d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電