王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分」とはなんぞや

自分自身をなくしさえせねば
どんな生活を送るもよい。
すべてを失ってもいい、
自分のあるところのものでいつもあれば。
    *
「人間の持つものの中で、自分自身に基礎をおかぬ力ほど不安定で、はかないものはない。」

【ゲーテ格言集より】



自分のことは自分がよくわかっている。というけれど、結構わかってないことも多いような気がします。

自分らしさって何?
本当の自分って?

こういう問いは、何も思春期の若者だけのものではないんじゃなかろうか。
少なくとも私は時折考えています。抑鬱状態に陥っている時も、平常時も。

人に「心の扉オープン状態」で接することはまずないです。
けれど、偽って接しているかといえばそうでもない。
見せられる範囲の階層の扉は開いてますよ、的な。
「これ以上は現在立ち入り禁止となっております」階層がちょっと多いだけ。
全てオープンにすることが良いことのような風潮もあるけれど、実際そこまでする必要もないんじゃないかと考える近年。
他人のそんなとこ見たくない、ってのもあるしねぇ。

本当の自分を誰も分かってくれない。
と思ったとき、どの程度までわかってほしいと思っているのだろう。
本当に全てなのか。ある程度まででいいのか。
わかってほしいのだけれど、実際に踏み込まれてこられると警戒したり。

自分が思う自分。他人から見た自分。
ずれを感じることもあるけれど、他人から見た自分もまた自分なんだろうなぁ、と思うようにもなりました。
演じている自分もまた自分。
自分というものは、ひとつではないのか。ひとつなんだけれど、たくさんに分裂しているのか。


裏表のない人物には、本当に裏(隠している部分)がないのか気になる。
本人が意識していないってこともあるか…。

考えながら書いていると、もっと長文になりそうなので終わります(笑)
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。