王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月読んだ本57

2011年も今日で終わりですね。
今年を振り返ると、やはり婆様のことがクローズアップされてきますわ。
年が明けたら、というか、来月は、四十九日の法要と助成金の申請をしなくっちゃ。
前者は家族の用事だから運転手を務めるくらいだけど、後者は自分で書類を作らないといけません。面倒くs(ry


なにはともあれ、今年も1年生き延びたなぁ・・・w




1.『マザコン刑事の事件簿』赤川次郎 著
・警視庁捜査一課に配属された香月弓江。ステキな上司はマザコンだった!さっくり読めるけど、謎解きはわりと本格的。


2.『今はもうない』森博嗣 著
・ミステリー、そしてラブ・ストーリー。騙される、S&Мシリーズ第8弾。


3.『数奇にして模型』森博嗣 著
・首のない死体。密室。模型。S&Мシリーズ第9弾。


4.『有限と微小のパン』森博嗣 著
・通常の理由は、偉大なる知性の存在により、無効化される。S&Мシリーズ第10弾。


5.『鬼平犯科帳1』池波正太郎 著
・盗賊改メ長谷川平蔵の活躍と、江戸の人々、盗賊の心の中を描く。シリーズ第1弾。


6.『鬼平犯科帳2』池波正太郎 著
・蛇の平十郎の盗人としての意地、鬼平の火盗改・長官の勘働き。両者のたたかいに幕を開ける、シリーズ第2弾。
スポンサーサイト

喪中

喪中につき、新年のご挨拶をご遠慮申し上げます。


 今月8日、同居していた父方の祖母が88歳にて永眠致しました。
 そんだけ生きれば十分だな!と思いつつも、喪に服すことと致します。
 本年も交流を持って下さった方々、ありがとうございます。
 皆様には、時節柄一層のご自愛をお祈り申し上げます。




喪に服す

初七日

婆様が今月8日に永眠しました。
仮通夜、通夜、葬式、お骨拾い。
各所支払、終わりました。
後は年金やらの手続きと、喪中葉書の作成くらいか?
悲しむよりもひたすら疲れるのです。


喪中(年賀)葉書を出すところは、ほとんど年寄りの繋がりなんですよね。
その年寄りが2人とも亡くなったもんで、誰が誰やら。
年寄りが多いから毎年どこかが喪中なので、誰が死んで誰が生きているんだ?との確認を毎回している気がします。


もろもろ面倒臭くなってきた。
永眠したい。うふふふふふふ・・・。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。