王星の雑記帳

その日起ったこと、思ったことなどを気まぐれに綴る雑記。更新は不定期。

星になりたかった王様

どっかにありそうなタイトルではありますが。
ネッ友さんがブログで紹介していた音楽を聴きつつ、思い浮かんだ物語です。



星になりたかった王様


『 星 に な り た か っ た 王 様 』


 とても広くて、とても美しい国がありました。そこは偉大な王様が治める国でした。
 王様には、多くの家来がいました。王様には、多くの民がいました。王様はまだ若くて、お妃様とお子様はいませんでした。王様のお母様は、王様の小さい頃に亡くなってしまいました。王様のお父様は、2年前に戦で亡くなってしまいました。
 それでも王様の周りには、多くの人達がいました。王様の身なりを整えてくれる人。王様のお食事を作ってくれる人。王様の話し相手をしてくれる人。王様と遊んでくれる人。
 王様の周りには多くの人達がいました。けれど王様は孤独でした。多くの人達に囲まれていても、王様はひとりぼっちだと感じていました。
 王様が命令をすれば、皆が言うことをきいてくれます。王様が病気になれば、皆が心配してくれます。
 「皆が命令を聞いてくれるのは、僕が王様だから。皆が心配してくれるのは、僕が王様だから。だったら、僕が王様じゃなくなったら、皆は離れてしまうんだろうか?」
 そう考えると王様は、どうしようもなく不安になりました。


 静かな夜です。空にはたくさんの星が、きらきらと輝いています。その輝きはとても美しく、とても温かに思えました。
 「あぁ、僕もあの星のようになれたらなぁ」
 王様はひとり、夜空を見上げて呟きました。そして頭の中に、皆と一緒にきらきらと輝き、楽しそうに笑っている様子を思い浮かべました。
 ぽろり。ぽろぽろ。
 王様の瞳から、涙が零れ落ちました。王様の瞳は、お星様のようにきらきらと光っていました。


 とても広くて、とても美しい国がありました。そこは偉大な王様が治める国でした。偉大な王様は、長い時を生きました。その間に、お妃様と、3人のお子を儲けました。
 長い時を生きた王様は、とても年をとっていました。最後のお別れの時に王様は、同じように年をとったお妃様と、立派に成長したお子様を見て、嬉しそうに笑い、言いました。
 「あぁ、僕はやっと、星になれたんだね」


『 星 に な り た か っ た 王 様 お わ り 』
スポンサーサイト

空飛ぶマジンと犬のポチ

マジンは空を飛んでいた。
それを見ているのはポチだけだった。
空はとても青かった。
マジンはとても気持ちよさそうに飛んでいた。
羨ましくてポチはワンと吠えた。
マジンがポチに気づいて降りてきた。
ポチはふきゅ~んとないてみた。
マジンはにっこり笑ってポチを抱きかかえた。
マジンとポチは空へあがっていった。
青い空を思う存分飛びまわった。
見ているものは誰もいなかった。
だから誰も知らなかった。
マジンとポチが友達になったことを。

おしまい


即興。ふいにタイトルが浮かんできて。
童話?

童話もどき 『おたんじょうびかい』

 がみがきました。中にはョウタイジョウがはいっていました。リカちゃんからのショウタイジョウです。エリカちゃんの『おたんじょうびかい』があるんだって。

 ばんにプレゼントをいれて、さぁエリカちゃんのおうちへいこう。
 エリカちゃんのおうちのドアトントンっとたたきました。そしたらエリカちゃんのマがでてきて、「いらっしゃい。よくきたわね」と、ニコニコいいました。
 カワイイおようふくのエリカちゃんが、ニコニコしてすわっていました。「おたんじょうびおめでとう、エリカちゃん!」わたしはいいました。するとエリカちゃんが「ありがとう、とってもうれしいわ」といいました。
 エリカちゃんのママが、おりょうりをいっぱいつくっていました。どれもとってもおいしそう。わたしのスキな『めまやき』もある♪
 おうたをうたって、ごはんをたべて、さいごにはケーキがでてきました。ケーキのうえにはロウソクが6つ。エリカがちゃんがロウソクを「ふーっ」とけしました。「おでとう!」。みんなではくしゅをしました。
 ケーキもたべおわって、みんなであそびました。エリカちゃんはずっとニコニコ。
 「みんな、そろそろかえるおじかんよ」。エリカちゃんのママがいいました。みんなでエリカちゃんにバイバイをしました。そうしたらエリカちゃんは、ニコニコしていいました。「とってもたのしかったわ。ありがとう」。


後書 別名「目玉焼き」。とある読み方をすると、隠された事実が・・・。
前回の童話もどきで、魔人殿からリクエストいただいたものですが・・・「ぎゃーっ」てほどじゃないですねw
難しい。


明日は6時半には家を出ます。PCやってる時間はないだろうなw
逝って・・・行ってきます。

童話もどき 『あいうえを童話』

新しいカテゴリを追加。童話もどき。前から絵本みたいなのを書きたいとは思っていたのですけどね。まぁ、勉強がてら?

『あいうえお童話』
 かいお花がさきました。ラスの子どもがやってきて、いた!さいた!とよろこびました。んぼのちかくのほそいみち。つがおわったそのあとに。

 らぺこイヌがやってきて、ぁるいおめめのカラスの子に、「ぁやぁどうしたの?」とはなしかけました。「ん♪らん♪」おどるカラスの子。「んわん!」ほえるはらぺこイヌ。
 ったいなんだとやってきた、いろいちっちゃなヒヨコちゃん。らないカラスにイヌがいる。っちゃいおめめをぱちくりさせていると、「ゃ~ご」とだれかがはなしかけてきました。
 ょこひょこあるいてきたのは、ぃというなまえのおばぁさんネコでした。「ったいなにをやっているの?」んりんスズをならしていました。
 「ふふ」とわらうカラスの子。りくりおめめをキラキラさせていいました。「テキなものを見つけたの。めたいおみずのそのちかく。くぬくお日さまのそのしたに」。
 わふわのはねをパタパタさせて、「シさんでも見つけたの?」とヒヨコちゃん。っくりしっぽをフリフリさせて、「ごはんじゃないの?」とはらぺこイヌ。「ん♪るん♪」たうカラスの子。
 「っへんほけほ」きをしコのみぃさんいいました。
 「んてこお花がさいてるね。あかいお花がさいてるね。おめをパチパチさせて、カラスの子どもがいいました。ぇ、えぇ、これはお花です。はっぱのないあかいお花。「んげのお花?」とヒヨコちゃんがききました。カラスの子どもはこたえました。「っとね、これはヒガンバナ」。
 「もしろいお花でしょ?はっぱもないのにんなにキレイなの」。よそよゆれるヒガンバナ。ってもキレイなお花です。んびりかぜにふかれています。
 「んとだキレイなお花だね」。「っといっぱいさいていないかな?」「ーし、みんなでさがしにいこう!ヒガンバナのいっぱいさいているところを」。
 さぁ、ぼうけのはじまりです!

後書 よい子のみんな、タイトルの意味がわかるかな?後半は無理矢理だけどw
なんでヒガンバナかって?好きだから!!てゆうか終わってないような。むしろ続いている?
そのうち、イラストも描きたいところです。


きっと行き着く先は彼岸(あの世)です←

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

王星

Author:王星
『時空の狭間』管理人・王星です。
適当に更新してゆきますので、適当にお付き合いくだされば幸いです。
今後とも宜しく。
*『http://』を禁止ワードにしています。
コメントがエラーになる際は、今一度お確かめ下さい。
迷惑コメへの対策です。ご協力願います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

雑記帳カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

*無料 アクセス解析
*太陽光発電